タグ「Windows10」が付けられているもの


Windows 10 Creators Update大型のアップデートが来ましたね。

こういうのは、運悪く?なにかしら不具合に当たってしまう派なので慎重に行きたいところですが、フォント関係などいつかはやらねばという内容が含まれているので思い切ってアップデート。

特に問題なさそうでしたが、ブルスタ(BlueStacks)が初期化中から進まない。

もしやと思い、Nox App Playerを起動しようとするとSYSTEM_SERVICE_EXCEPTIONのブルースクリーン。

このパターンなら思い当たる節があるので、再設定してみます。

ブルスタ、Noxがインストール出来ない、起動しない場合によくある
Hyper-Vが有効になっているパターンです。

Windows10になるとコントロールパネルとか、今までと少し変わってWEBで良くヒットする設定方法がそのままできない場合があるので、Cortanaさんに「windowsの機能の有効化または無効化」と入力(入力途中で候補に出てきます。)

クリックすると、windowsの機能の有効化または無効化がボックス出てくるので、「Hyper-V」にチェックが入っているか確認します。

やはりチェック入っていました。

チェックを外して、OKをクリック。
次に、コマンドプロンプトを管理者で実行(コマンドプロンプトのアイコン右クリックで管理者として実行を選択できます。)

そこで
bcdedit /set hypervisorlaunchtype off エンター

あとで有効にしたい場合は
bcdedit /set hypervisorlaunchtype auto エンター

再起動後は、普通にブルスタ、Nox起動しました。

この辺の設定が初期化されていたというだけのことだったようです。

Windows10にアップデートしてからたまにブルースクリーンが出るようになりました。
Windowsを起動してスタートアッププログラム群が立ち上がる最中になることが多いのですが、毎回ではないのと、ブルースクリーン後再起動されると普通に使えるのがイマイチ腑に落ちないですね。

DRIVER IRQL NOT LESS OR EQUAL、iaStor.A.sysなどについて調べてみると、Intelチップセット用のRAIDドライバであるインテル® ラピッド・ストレージ・テクノロジー が原因で発生することが多いようです。

Window7でWindowsアップデートがエラーするようになったのですが、どうもアップデートの履歴を管理するどれかのファイルが破損しているような症状。

チェックしにいくのですがアップデート情報を取得できずエラーコードが出ます。
修復をあれこれ試してみましたが改善せず、このままではセキュリティ的にも精神衛生的にも良くないので、クリーンインストールする前にWindows10試してみるかとなった訳です。

SSD予備購入してクローンしてある程度のトラブルに備えたのですが、驚くほどすんなりアップデート完了。

Windowsアップデートの問題も解決し、ほっと一息です。

起動とシャットダウンが数秒レベルで遅くなった気がしますが、その他は概ね快適です。
メインマシンは、Windows8を飛ばしてWindows10にしたせいか、UIの変わり具合に新鮮さがあってやる気もでますね。

細かいところはまだ分かりませんが、無駄な装飾やデッドスペースも減って久々にいいOSだなーと思った次第です。

« 前  1  次 »

RSS

楽天おすすめ

Tag Cloud

SEO対策

Sponsor Site

Category

Archives

Amazonおすすめ

Copyright © 2008 Trendspotting All rights reserved.